頭痛・片頭痛の基礎知識
2017年03月31日更新 2017年03月31日公開

頭痛のタイプから知る頭痛の症状と原因、対処法

頭痛には、身体的原因がないと考えられる一次性頭痛と、危険な疾患を含む原因疾患の症状である二次性頭痛があります。こちらでは、一次性頭痛と二次性頭痛それぞれの特徴や原因などを中心にドクター監修の記事で解説します。

一生のうちで経験したことがない人はいないと考えられる頭痛ですが、その多くは治療を必要としない一過性のものです。しかし、なかには一刻を争う疾患の症状としてでている頭痛もあります。頭痛についての基本的な事柄をおさえておきましょう。

頭痛のタイプ

頭痛は頭部の各部位に起きる痛みの総称です。頭の表面に近い痛みから、奥のほうで感じる痛みまでさまざまな痛みがあります。誰でも日常的に頭痛を感じることがあるように、ほとんどの頭痛は一時的なもので、しばらくすれば軽快して忘れてしまうことが多いものです。しかし、一部に危険な病気のサインとなっている頭痛もあります。そのため、頭痛のタイプを知っておくことも重要になります。

一次性頭痛

頭部にも身体の他の部位にも特に原因となる疾患が見られない状態で起きる頭痛のほとんどが、一次性頭痛と呼ばれているものです。どこにも悪いところがないとは言え、慢性的な痛みに見舞われるのはつらいものです。一次性頭痛の代表例には、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

二次性頭痛

悪いところが見当たらない一次性頭痛に対して、特定の疾患などを原因として起きるのが二次性頭痛と呼ばれている頭痛です。一般に、一次性頭痛の症状とは異なる痛みを発することが多いようです。

頭痛を起こす原因

頭痛対策は原因を知るところから始まると言えます。個別の原因について確認しておきましょう。ここでは、主に一次性頭痛の原因を解説します。

片頭痛の原因

ズキンズキンと感じられる痛みが、主に片側のこめかみのあたりに強く出るのが片頭痛です。両側に症状がでるケースもあります。片頭痛の原因のひとつとして考えられているのが、ホルモンバランスの乱れです。そのため、女性のほうが男性よりも片頭痛に悩まされやすいと言えます。また、ストレスなども原因として考えられています。これらの原因によって血管の拡張が起き、痛みにつながるのが片頭痛です。その他には、遺伝やアルコールの摂取などが関係するとされています。

群発頭痛の原因

血管の拡張によって引き起こされるのではないかと考えられていますが、ハッキリとわかっているわけではありません。ただ、頭痛が起こるのが同じような時間帯に集中するという特徴を持っており、一側の目の裏側、奥のほうに強い痛みを感じます。

緊張型頭痛の原因

主に、頭部を締めつけられる感じで痛むのが緊張型頭痛です。同じ姿勢で長時間作業したり、肉体的ストレスを強く受けたりすることが原因と考えられています。血行不良や筋肉の緊張につながるため頭痛を起こしやすくなるのです。また、緊張型頭痛につながるストレスには肉体的なものだけでなく、精神的なものも関係しています。

二次性頭痛の原因は特定の疾患です。詳細は、次の「頭痛が起きる病気」で解説します。

頭痛が起きる病気

病気を原因とする頭痛は二次性頭痛に分類されます。したがって、ここでは二次性頭痛が起きる病気についてみていきます。

くも膜下出血

二次性頭痛の原因となる代表例として有名なのがくも膜下出血です。その多くが、脳動脈瘤の破裂によります。後頭部をバットで殴られたような痛みなど、経験したことのない激しい痛みが特徴的な症状とされています。しかし、痛みの程度としてはもっと弱いものや、頭重感、手足のしびれがあるケースもあります。

脳腫瘍

脳腫瘍による頭痛は、徐々に進行していく痛みで、起床時前後に起きることが多く、嘔吐や痙攣をともなうことがあります。

高血圧脳症

脳内の血圧が高くなることで頭痛などが起こります。けいれんや嘔吐なども主な症状のひとつです。

上記はほんの一例です。めまいや吐き気をともなうものでも、一次性頭痛と二次性頭痛の区別がつきにくい場合には、隠れた病気がないか調べる必要性があると考えられます。また、これまでに経験したことのない種類の痛みや長期間続く痛みだけでなく、頭部外傷後の痛み、突然の痛み、他のいろいろな症状をともなう痛みがある場合は、重篤な疾患が隠れている可能性を疑ったほうがよいでしょう。

頭痛の対処法

一次性頭痛であれば、頭痛薬の服用だけでなく、血管の拡張につながる要素をできるだけとり除くことが大事です。ストレスをためこまずに上手に解消することや、筋肉のコリをほぐすためのストレッチなどを積極的にとり入れます。また、仕事などで仕方ない部分があるにせよ、同じ姿勢や無理な体勢を長時間とらない対策が必要でしょう。その他にも、血行をよくするためには、有酸素運動をしたり、しっかりと入浴したりすることも重要です。そのうえで、いつもと違うと感じる頭痛は二次性頭痛の可能性があることを忘れてはいけません。

ひどい頭痛が生じたら何科を受診する?

一次性頭痛であっても、日常生活に支障をきたすほどの激痛に悩まされることがあります。この場合は、医療機関を受診したほうがよいでしょう。二次性頭痛が疑われる場合には、一刻も早く受診してください。ひどい頭痛が生じたときに受診すべき診療科としては、脳神経外科、神経内科、または頭痛外来があります。専門の診療科がある医療機関のほうが緊急時の対応が円滑にできると考えられます。少なくとも、CTスキャンなど脳内の出血などを可視化できる設備があることが望ましいです。意識障害や嘔吐などを併発している場合は救急車の出動要請を考えてもよいでしょう。

「頭痛・片頭痛の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play