補助食品・成分
2017年03月31日更新 2017年03月31日公開

家族の健康を考える人のEPA 

EPAは、研究が進むに連れて新たに期待される効果が見つかる必須脂肪酸です。現在までにわかっているEPAの健康に役立つ点やEPAを豊富に含む食品など基本的なことがらについて、ドクター監修の記事で解説します。

EPAは必須脂肪酸の中でも健康増進に大きな役割を果たすことが期待されている高度不飽和脂肪酸です。EPAに期待される効果を知って、健康長寿に役立ててください。

EPAとは

EPA(エイコサペンタエン酸)は、人体で合成することができないとされる必須脂肪酸の一種であり、高度不飽和脂肪酸と呼ばれる固まりにくい脂肪酸です。現在では、同じ必須脂肪酸であるDHAとともに健康維持に欠かせないものとして認識する人も増えています。EPAがいろいろな面で健康に役立つものであることが知られるようになったきっかけは、脂肪を多く食べるイヌイットの心疾患が少なかったことだったとされています。そのイヌイットがよく食べていたのが、EPAを多く含んでいるくじらやアザラシだったのです。そこからEPAの研究が本格的になったということです。その後も、EPAの新たな作用や効果が順次発見されています。

EPAの効果

EPAには、生活習慣病の予防や炎症の抑制など多くの期待される効果があります。

生活習慣病の予防効果

EPAに期待される生活習慣病の予防効果は、EPAが持っている代表的な血液をサラサラにする作用によるものです。血液サラサラ成分としてEPAはDHAとともに人気を集めています。同じ血液サラサラ成分でも、EPAのほうが血栓をできにくくする作用を持っているため、より血管にやさしい必須脂肪酸だと言えるでしょう。血栓ができにくいことで、血管が狭くなって起きる狭心症や、血管が詰まってしまって起きる心筋梗塞や脳梗塞のリスクが低くなります。また、コレステロールを適正化させ、中性脂肪を減らす作用もあって動脈硬化の進行を妨げる効果も期待できます。

炎症の抑制効果

EPAは、炎症を悪化させる作用を持つ悪性のエイコサノイドと呼ばれる物質を増やさないことで、炎症を抑え込む作用を持っています。このEPAの働きによって、自己免疫疾患である関節リウマチの改善に効果があったとする報告もあります。

アレルギー対策効果

いろいろなところで活躍を見せているEPAですが、今度はアレルギー対策にも効果を期待されています。アレルギーと言えば、アトピー性皮膚炎や花粉症がすぐに思い出されるかもしれません。その、アトピー性皮膚炎や花粉症には、プロスタグランジンやロイコトリエンと呼ばれる物質が関係しています。EPAは、これらの物質を減少させると考えられているのです。また、EPAの効果への期待はそれだけではなく、気管支喘息にも広がりを見せています。

EPAはオメガ3系脂肪酸

EPAは脂肪酸の分類ではオメガ3系に属する脂肪酸です。この、オメガ3系の脂肪酸には、炎症を抑える作用やアレルギーを抑える作用があるのです。オメガ3系脂肪酸であるEPAなどが、炎症を悪化させるオメガ6系に属するアラキドン酸を抑えることで炎症を抑制することから、EPAの不足は避けたいところです。

EPAが豊富に含まれている食品

EPAが豊富に含まれている食品の代表格が青魚や脂がのった魚で、さんまやウナギ、マイワシなど身近な魚からとることが可能です。そして、日本で一般的に入手できる食品のなかでEPAを豊富に含んでいるのは、魚くらいしかありません。健康には欠かせない野菜であっても、ことEPAに関しては摂取できないと考えてよいでしょう。

魚は焼き魚や煮魚にするよりも、生のまま刺身で食べたほうがEPAを無駄なくとることができます。その理由は、EPAが加熱調理に弱いからということではなく、加熱調理をすれば魚から2割程度のEPAが出てしまうためです。もっとも、魚によっては生で食べても他の種類の焼いた魚よりEPAが少ないものもありますので、あまり神経質になる必要はないかもしれません。気を配るのであれば、魚を焼くときは脂が落ちてしまうグリルではなく、フライパンを使うなどの工夫をしましょう。

薬との併用の問題と過剰摂取

血液サラサラ成分ともいわれるEPAと薬を併用する場合、薬の種類によっては出血や血圧降下などの問題を起こすことがあります。これは、過剰摂取にも言えることです。外科手術の前には、EPAサプリメントの服用の影響を考え、休薬などの目安を設ける場合もあります。ワーファリンを処方されている場合は特に注意が必要です。ワーファリンは血栓症のお薬で同様の効果が期待できるEPAなどのサプリメントを併用すると出血が止まらなくなるケースもあります。外傷の出血はもちろんですが、内臓の出血にも注意が必要になります。

適量をとることが健康増進につながる

EPAの目標摂取量はDHAとの合計で1日あたり1g以上とされています。しかし、多ければよいというものではないのは前述のとおりです。常用している薬があるなど、EPAの摂取量に不安を感じるときは、医師に相談して摂取量を調整してください。

「補助食品・成分」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play