関節痛の基礎知識
2017年04月25日更新 2017年04月27日公開

膝の関節痛の原因と対処法・治療法

毎日の生活の中で膝の痛みはとてもつらいものです。膝の痛みを感じた場合、市販薬を使ったり病院へ行ったりします。ここでは、膝の関節痛の原因や対処法、治療法などをドクター監修の記事で解説しています。

膝の痛みを感じる場合、正座をしたり和式トイレにしゃがんだりすることがとても苦痛になるでしょう。そこで気になるのが、なぜこのような膝の痛みが起こってしまうのかということです。

膝関節の働きと関節痛の主な原因

私たちの日常生活の動作は、膝・腕・肩・股関節などさまざまな関節を使っています。その中でも膝関節は、歩いたり座ったりと動作が多くみられる関節のひとつだと言えるでしょう。そこで、膝関節にはどのような働きがあるのか紹介しましょう。

膝関節にはどのような働きがあるのか

中高年層に方は膝や肩、股関節などの関節痛を訴える人が多く見られます。その中でも特に膝の関節痛を感じる人が多いようです。膝は、体重を支えるだけではなく、しゃがむ、立ち上がる、歩くなど本当に動作が多い関節です。特に日本人は、和式のトイレをよく使用します。和式のトイレは膝や股関節を深く曲げる体勢をとるので、膝などに負担がかかってしまいます。このように、日常生活動作から見ても、膝はほかの関節より運動量や働きが多い場所と言えるのではないでしょうか。

膝などの関節痛の原因とは

膝関節痛にも、細かく分けるといくつか疾患があります。その疾患によって同じ膝でも痛みの度合いや強さは異なってきますが、ここではそのひざに痛みを疾患別に紹介していきます。

・体重の増加

まず、膝関節痛のひとつとして取り上げられているのが、体重の増加です。膝や股関節は、自分の体重を支える役目を果たしています。特に膝の場合、歩行時は膝に体重の約3倍の負担がかかっているといわれるほどです。体重が増加すると、それだけ膝にも負担がかかり痛みが出てくるようです。

・変形性膝関節症

次に、変形性膝関節症です。こちらは、関節の軟骨部分が擦れたり、変形してしまったりすることで中高年に起こる膝の痛みです。変形性膝関節症は、動かすととても痛く、休んでいると痛みを感じないのが特徴で、痛みを放置していると病状が悪化してしまう可能性が高いようです。

・関節リウマチ

関節リウマチは、膝に限らず体のさまざま関節に痛みが起こる疾患です。細菌やウイルスなどに対抗する免疫に異常が起こることが原因とされていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。治療の主体は薬物療法ですので、リウマチ専門医のもとでしっかりで治療を行えば痛みのない生活が送れるようです。

・痛風

痛風は、血液中の尿酸値が高くなることで、溶けきれなくなった血液中の尿酸が結晶になってしまい、これが関節に溜まって炎症を起こしてしまう病気です。膝の痛みはもちろんですが、足の親指の付け根部分が腫れてしまうことが多いようです。

このように、同じ膝の痛みでも、それぞれ原因は違ってくるので、ひざに痛みを感じた場合、自己判断しないで病院へ行くようにすることが大切でしょう。

膝の関節痛の症状とは

膝の関節痛は、先にも紹介したように病気によってそれぞれ原因や痛み方なども違ってくるようです。ここでは膝の関節痛について、より詳しく症状や治療法などをご紹介しましょう。

膝の関節痛の症状

膝の関節痛には、いろいろな疾患が考えられます。その中でも特に多く見られるのが、変形性膝関節症や関節リウマチです。

・変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝を動かしたときに痛みが見られることが特徴です。膝の痛みに苦痛を感じると、痛みを避けるために膝など体を動かさないようになります。体を動かさなくなると、脚の筋力などが低下しそれが、もっと膝に負担となってしまうことがあるようです。

・関節リウマチ

関節リウマチは、膝だけではなく全身の関節の痛みが見られることが特徴です。痛みを感じてしまうと体を動かすことが辛くなるため、体を動かさないでいると、今度は関節が固まってしい症状が悪化してしまう可能性があるでしょう。

膝の痛みの対処法や治療法

膝の関節痛の対処法や治療には、薬や装具、リハビリや手術など疾患や症状に合わせてそれぞれの方法が選ばれるようです。

薬を使った治療

痛みや炎症が強い場合は、内服薬や外用薬を使い痛みや炎症を抑えるようにします。また、痛みがより強い場合は、注射や座薬などを使用することもあるようです。

装具を使った治療

膝の痛みを軽減するために、サポーターなどで膝を保護する治療法です。この方法は、膝関節痛のほかに、不安定性のある膝に対しての支持性を保つために有用です。ぐらぐらする、カクカクするといった症状の方や、少しでも動かすと痛い時、長く歩く時などに使用するとよいでしょう。

リハビリによる治療

膝の関節痛がつらいからと、体を動かさなければ筋力が低下してしまったり、関節が固くなってしまったりします。それらを防ぐためには、それぞれの疾患に特化したリハビリが大切になってくるようですので、専門医療機関で理学療法士の指導をしっかり受け、毎日継続することが重要です。

手術での治療

変形膝関節症などが悪化したり、膝の関節痛が辛くなってきたりした場合、手術で膝の痛みを軽減することもあるようです。同じ疾患に対する手術でも、病態や進行度などによってそれぞれ手術の内容が違うようなので、もし手術を受けることになった場合はしっかりドクターの話を聞くようにすることが大切でしょう。

「関節痛の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play